副業、バレるとクビ?会社に内緒で副業するなら気をつけたい4カ条

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
3fae3c267e86adfb86535f1aeda3c2f9_s

景気が上向いてきたとはいえ、一向に給料が上がらないという人も多いようです。

あともう少し自由なお金が欲しい、などの理由で副業を持つサラリーマンは、

現代では5人に1人程度いるのではないかと言われています。

特に給与が少ない20代では、半数が副業をしているともいわれています。

(参考:http://fukupon.jp/knowledge/14071501.php

 

しかし、就業規則で副業を禁止されている会社は多く、バレれば懲戒解雇という場合もあるでしょう。

もちろん就業規則を遵守する事も大切ですが、本業ではお金が足りないのならば、

会社にバレずに副業をする方法を検討してみてはどうでしょうか。

会社に内緒で副業する際に、気をつけたいことをまとめてみました。

 

目次

1.本業をおろそかにしない
2. 誰にも言わない
3.お金の管理に気をつける
4.目標設定を明確に

 

 

1.本業をおろそかにしない

副業を始めたばかりの時は、副業の方に気持ちが傾きがちで、

ついつい慣れた本業の方がおろそかになってしまいます。

疲れや睡眠不足でぼうっとしてしまったり、うっかりミスを繰り返したりといった事も多くなるかもしれません。

 

周囲の目におかしいと思われるほど能率が落ちると、上司や人事担当者から問い詰められることもあるでしょう。

本業に影響が出るのであれば、副業の量を減らすか、負担の少ない別の副業を検討した方が無難です。

まずは本業第一で、精一杯働きましょう。

 

なお、日本では睡眠時間を削ってでも働く、というのは美徳と考えられている風潮があり、

睡眠を軽んじる傾向が高いのですが、実は睡眠時間の確保は想像以上に大切な事です。

 

睡眠不足が続くと、免疫機能が落ちてカゼなどにかかりやすくなります。

また、全身に倦怠感を感じ、やる気も落ちていきます。

結果、仕事の能率は極端に低下し、作業を終えるのに時間がかかるようになり、

ますます残業時間が増加し、睡眠時間もさらに減少する、といった悪循環を生み出しやすくなります。

 また、睡眠不足は過食を誘発しやすいという事も分かっています。

本人の意志とは関係なく、まるで夢遊病のように無意識に食べ物に手を伸ばしてしまう、

といった報告も数多くあります。

 

現に、糖尿病患者の多くは睡眠に障害を持っていると言われています。

睡眠不足はカロリーオーバーな状態を招きやすく、生活習慣病のリスクも高めるのです。

 せっかく副業でお金を稼いだとしても、病気になり治療費などで消えてしまっては、元も子もありませんね。

 

ダブルワークで最も大切なのは、自己の健康管理と本業への取り組み姿勢です。

副業には、これまで遊んでいた時間だけを充てるようにする、

期限を決めるなど、無理しすぎないようにすることが大切です。

 

2. 誰にも言わない

当たり前のようで、なかなかできないのがこれです。

副業がうまくいき、少しお金まわりが良くなると、

気持ちが大きくなり、ついつい誰かに話してしまいがちです。

たった一人でも話してしまうと、秘密が社内中に広まるのは時間の問題です。

特に社内では、誰にも話さないよう注意しましょう。

また、お金のゆとりから生活がちょっとずつ贅沢になる人も多く、ここから周囲に怪しまれる場合もあります。

いつもはコンビニのおにぎりで昼食を済ましていた人が、

1,000円のランチを食べに行くようになれば、怪しむ人も出てきます。特に女子社員はしっかり見ています。

 

厳しく問い詰められてうっかり白状、という事態にもなり兼ねませんので、

生活レベルを変えないように注意した方が良いでしょう。

また、稼いだお金で皆と楽しみたい、おごってあげたい、という場合は、会社の人ではなく、

家族や昔の友人を誘うようにした方が無難です。

 

副業の職種にも注意が必要です。

コンビニや交通整理などでは、誰かに会う可能性もあります。

まさか、こんな場所に知り合いは来ないだろう、

と思うような場所を選んでも、必ず誰かに見られるものです。

職種に注意し、製造業やレストランのバックヤードなど、人に会わない場所でのアルバイトが良いでしょう。

 

サラリーマンの場合、人に会わないでできるインターネットでの副業に取り組む人も多いようです。

肉体的な負担も少ないため、アルバイトよりはこちらの方が取り組みやすいでしょう。

自身のサイトを利用したアフィリエイト、ヤフオクを利用した物販、

株やFXなどのトレーディング、デザインやライティング業務など、幅広いジャンルの仕事があります。

 

インターネットは匿名性も高く、バレることも少ないですが、たとえば実名で検索をかけられた場合に、

アフィリエイトで使用している自分のサイトが表示されてしまう場合もあります。

また、ヤフオクなどで商品を送る際には、相手に本名を開示することとなります。

万が一、同僚が自分の商品を落札すれば、そこからバレることも考えられます。

 ありきたりな名前ならばごまかしもききますが、特徴のある名前では言い訳も難しいでしょう。

 

念のため、兄弟や古い知り合いにお願いし、

名前を借りてサイトを開くなどの対処方法を準備しておくと良いでしょう。

繰り返しますが、誰か一人にバレたら、会社に知れ渡るのも時間の問題です。

念には念を入れておいて損はありません。

 

3.お金の管理に気をつける


税金の問題で会社に副業がばれる人も少なくありません。

最も危険なのは、所得が増えたことで課税額が増額する住民税です。

アルバイトなど、支払先から源泉徴収票をもらう仕事の場合は特に注意が必要です。

 

アフィリエイトなど、ネット経由の副業のほとんどは雑所得扱いとなります。

この場合、きちんと確定申告をし、増額分を自分で支払うように手続きをすれば、会社にバレることはありません。

ただし、アルバイトなどで給与所得をもらう場合は、

本業、副業の給与を合算した課税額が本業の会社に報告されてしまう可能性が高くなります。

 

住民税は、本業の会社が給与天引きし、まとめて支払う事となりますので、

同じ給与額のはずの同僚に比べて税額が大きすぎると、怪しまれることとなります。

アルバイトの給与所得分だけを別で支払えるかどうかについては、各市区町村で対応が異なるようです。

アルバイトを行う前に、自分の住所地の市区町村に確認し、

できない場合はアルバイトは諦めた方が良いでしょう。

 

また、稼いだ額にもよりますが、ある程度の収入があるなら、

確定申告を税理士にお願いするのも良いでしょう。相場は3〜5万円程度となっています。

税理士でなければ知り得ないような情報や技を持っているなど、

会社にバレない対策を可能な限り行ってくれるため、安心感があります。

時間の大幅な節約にもなりますので、気軽に相談する事をお勧めします。

 

なお、アフィリエイトなどで収入を得ている人の中には「バレないだろう」と申告をしない人もいます。

しかし、支払先のアフィリエイトセンターの情報などから必ずバレますし、

バレた際には社会的な制裁も受けることとなり、最悪の場合、本業、副業とも失う可能性もあります。

確定申告は必ず行って下さい。

 

なお、マイナンバーのせいで副業がばれる、という情報が一時期飛び交いましたが、

個人情報の保護は税務署にも課せられていますので、ここからバレる事はありません。

 

4.目標設定を明確に

副業をはじめる前に、なぜその副業をやるのか、いつまでやるのか、いくら稼ぎたいのか、

といった目標をしっかり見据える事が大切です。

 

ダブルワークは、当然ですが身体的にも精神的にもかなりの負担となります。

目標が定まっていなければ、挫折する可能性もあるでしょう。

体調を崩してアルバイト先に迷惑をかけることとなったり、本業の方にまでしわ寄せが来ることも考えられます。

 

特にインターネットを介した副業では、自分との戦いという側面も大きく、

モチベーションが下がれば続ける事が難しくなります。

最初に、いつまでに最低いくら稼ぐのか、そのために毎日どういうことをすれば良いのか、

といった細かい設計図を用意することが大切です。

 

いずれ本業を辞め、副業の方を主にしていきたい、という人も多いでしょう。

このような場合には特に、本業をおろそかにないことが大切です。

辞めた後でも、本業で培ってきた人脈は有効に活用したい場合が多いものですので、

社内に悪い印象を与えないように心がける事が大切です。

 

なお、副業の選択基準としては「自分のやりたいこと」「好きなこと」を

優先にした方がうまくいきやすいようです。

本業で働いた余力で取り組むわけですから、やっていて楽しくないような事を続けるのは難しいでしょう。

寝る間も惜しんでやりたい、何時間やっていても飽きない、といった趣味に近いものであれば、

仕事そのものが楽しくなり、続けやすく、結果的に大きな収入を得ることにもつながりやすいようです。

 


あわせて読みたい


初心者でもゼロから資産1億円!?大富豪の投資と資産形成術を公開

2017年以降もさらに需要拡大!これから稼げる資格15選

難易度が低くても稼げる5つの資格とその見極め方とは?

起業1年目から年収1000万円を稼ぐ7つの起業アイデアの見つけ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料プレゼント:「セミリタイヤ」を目指す30日間の基礎講座+4つの特別レポート

実際にセミリタイアを達成している方からの


ノウハウや考え方を教え、


30日間「出来るだけ苦労せず」


セミリタイアする方法をお伝えします。


ここをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*