副業バイトを成功させたいならおさえておきたい!4つのポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
PASONA_29_TP_V

ニュースでは「景気が回復している」と言っているのに、

自分の給料は一向に上がらない、どうなってるんだ!と思うサラリーマンは多いようです。

 

国税庁の報告によると、平成26年のサラリーマンの平均年収は415万円となっています。

(参考サイト:http://nensyu-labo.com/heikin_suii.htm

 

ここから税金などを引かれて、手取りは25万円程度というのが一般的ではないでしょうか。

 

ただし、この平均には高額所得者も含まれています。

50歳代男性では平均年収も656万と高めですが、これは役職付きの人が多いことと、

バブルの時代に働き始め、基本給が高めであることが原因と考えられます。

逆に、新人世代の多い20代後半では男性の平均年収は378万円となっており、

その生活は決して楽ではないようです。

 

「あともう少し収入があれば」というのは、特に若いサラリーマンにとっては

切なる願いともいえ、実際に副業を持つサラリーマンの数も増加していると言われています。

 

ギリギリ何とか生きていける、といった息苦しさから抜け出し、たまには少し贅沢を味わいたい、

趣味にもお金をかけたい、といった希望があるなら、最低でも月収30万は確保したいものです。

 

では、サラリーマンの副業に向くバイトには、どのようなものがあるのでしょうか。

 

今回は、サラリーマンが続けやすい副業を4つの観点からご紹介します。

なお、就業規則で副業が禁止されている場合は、給与所得となる

アルバイトはできませんので、事前にチェックしておいた方が良いでしょう。

 

 

目次

1.好きな分野の仕事をする

2.睡眠時間を確保する

3.在宅でできるアルバイトを狙う

4.雑所得となる職種を選択

 

 

1.好きな分野の仕事をする

副業は、肉体的にも精神的にも大きな負担となる場合も多くなります。

時給が良いからといって、全く興味のないことや嫌いなことを選択すると、

長く続ける事が難しくなり、結果的に得られる金額も低くなります。

 

すでに本業の会社でストレスを抱えた状態ではじめるわけですから、

さらに副業でもストレスをためる事になれば、心も体もヘトヘトになり、

やがては体を壊してしまう危険も高いでしょう。

まずは、自分が楽しいと思えるかどうかを基準に副業を選択すると良いでしょう。

 

たとえば運転が好きならドライバーや運転代行業、人と会話するのが好きならば

チャットボーイやチャットレディなどの会話サービスは、副業として行っている

サラリーマンも多い職種となっています。

 

いずれも、最も需要が高まるのは週末の深夜で、

数時間のシフト勤務も可能としている所が多く、時間的にもサラリーマン向きの仕事です。

時給は歩合給となっている所が多く、自分の頑張り次第で月5万〜10万以上の収入を得ることも可能のようです。

(参考:http://fukugyou-annai.com/daikou/untendaikou/

 

また、趣味に関わる商品をネットショップで販売するのも面白いでしょう。

 

自分が好きな分野であれば、どのような商品が喜ばれるのか、

お客様はどんな事を知りたいのかなど、お客様のニーズが良く分かりますので、

頑張り次第で人気ショップにすることも可能です。

 

ただし、物販はそれなりの根気と手間が必要です。向き不向きもありますので、

いきなり大量に商品を仕入れるような事は避け、まずはネットオークションやアマゾンなど、

個人が気軽に商品を販売できる場所でテスト的に販売してみると良いでしょう。

 

 

また、なかにはSNSなどで趣味のグループを立ち上げ、イベントを自ら主催し、

参加者から会費を集めることで収入を得る、イベントプランナーといわれる仕事をする

サラリーマンもいるようですが、まさに趣味と実益が一致した職種と言えるでしょう。

 

趣味のイベントというとアニメのオフ会や合コンなどが有名ですが、

他にもワイン好き交流会やフットサル交流会など、さまざまなジャンルのものが開催されており、

その規模も数人から100人以上の大規模なイベントまでさまざまです。

 

ただ顔を合わせて語り合うだけでなく、何らかの付加価値をつければ

高めの参加費を徴収しやすくなります。趣味のグループ内では有名だけど、

一般にはあまり知られていないようなゲストを招くなど、主催のアイデアと

集客力次第で高い収入を上げる事が可能です。

 

最初は収入が少なかったとしても、好きなことならば継続も可能で、

スキルアップにも積極的になれるので、次第に収入が増え、毎日ストレスなく

楽しく過ごす事ができるのではないでしょうか。

 

2.睡眠時間を確保する

副業で時間を取られるために睡眠時間が極端に少なくなってしまう人は多いようです。

 

たとえば、新聞配達のバイトをするサラリーマンは近年、増加しているようです。

朝刊だけのアルバイトならば3時間程度の作業時間で終了し、会社の始業には十分間に合いますが、

平均睡眠時間は3時間程度となり、休みも月1日しかないため、過酷な生活を強いられる事になります。

また、休みが取りにくい場合も多く、本業で出張などが考えられる場合は難しいでしょう。

 

ここまで無理するぐらいならば、睡眠時間が確保されている病院などの宿直を狙った方が良いでしょう。

 

拘束時間は12時間前後と長めですが、拘束時間のうち6時間程度を

仮眠にあてることができる場合がほとんどです。

救急外来など、さまざまな理由で仮眠時間の途中で起こされることもあるようですが、

上述の新聞配達よりも身体への負担は少なくなりますし、シフト制で働く事となりますので、

休日など都合の良い日だけ働けるのも大きなメリットです。

 

近年、どの業界でも24時間営業が当たり前となりつつあり、深夜の時間帯のアルバイトも増加しています。

病院の他にも、ビジネスホテルの受付やレンタカーショップの受付、

駐車場の受付など、身体の負担の少ないバイトは多くあります。

休前日、週1回からトライしてみてはいかがでしょうか。

 

いくら体が丈夫とはいっても、無理しすぎれば壊れることもります。

病気やケガで入院などという事になれば、本業、副業ともに周囲に

多大な迷惑をかけることになりますので、無理は禁物です。

 

 

3.在宅でできるアルバイトを狙う

デザインソフトが使える、英語に自信があるなど、何らかの技術があれば、

それを活かせる在宅ワークを選択すると良いでしょう。

 

業務のアウトソーシングは現在もどんどん加速していますので、

在宅ワークのニーズは数年前よりも確実に高まっています。

在宅ワークの紹介サイトも複数存在し、英語能力を活かして翻訳作業を請け負ったり、

チラシやロゴマークをデザインするような仕事は数多く存在します。

また、ライティングやデータ入力など、スキルがなくても受けられる仕事も多数あります。

参考:クラウドワークス

   ランサーズ 

 

まずは、どのような仕事があるのかを検索し、

できそうなものからどんどん応募してみると良いでしょう。

これらのサイトの多くは、経験を積むことで評価が高まり、

条件の良い仕事も取りやすくなるシステムとなっています。

 

初めは決して高い金額は稼げませんが、コツコツ積み重ねていくことで

大きな収入を得ることも可能となります。

なかには、初心者から始めたライティングで月収50万を稼ぐ主婦も存在します。

(参考:http://www.lancers.jp/magazine/26691

 

これらの在宅ワークは、実際に担当者と顔を合わせることはマレで、

メールや通話などでのやり取りがほとんどです。

 

顔を合わせないせいからか、仕事を受けておきながら提出せず、

連絡もよこさず放り出すような人も少なからずいるようです。

 

このため、責任感が強く、仕事上の約束をきちんと守れる人であるかどうかは、非常に重要なスキルとなります。

 

4.雑所得となる職種を選択

副業は禁止されているが、副業しないとお金が足りない、といった場合は、

会社にバレずに働く方法を模索すると良いでしょう。

会社に副業がバレるのは、住民税が関係している事がほとんどです。

 

アルバイトの多くは「給与所得」として処理され、

住民税の金額を決める際には本業の所得と合算されて決定されます。

 

住民税は、会社が給与から天引きして代わりに支払ってくれているのですが、

この金額が同僚と比較して多すぎることからバイトがバレる、というケースは非常に多くなっています。

 

副業が禁止されている、または禁止はされていないが会社での対面が気になる、

といった場合、給与所得をもらうアルバイトは諦めた方が良いでしょう。

 

それでも副収入がほしいなら、アフィリエイトやFXなど、

利益が雑所得とカウントされる職を選択することがお勧めです。

 

月によって収入にばらつきがあったり、リスクを背負うこともあるなど、

決して安定してお金が稼げる方法ではありませんが、きちんと確定申告をして

住民税を自分で支払うように手続きすれば、会社にバレる事なく収入を得ることができます。

 

雑所得となる収入は、作家や著述家でない人が受け取る原稿料や印税、講演料や放送謝金などもあります。

 

たとえば、本業で培ってきた技術や、趣味でずっと勉強してきたことなどを基に、

電子書籍でハウツー本を発行してみるのも面白いでしょう。

 

電子書籍は、紙媒体の書籍と違い、初期投資はかからず、

印税率も高く設定されていますので、近年人気が高まっています。

(参考:http://potex.hateblo.jp/entry/2016/04/07/160000

 

なお、会社にバレないように活動するためには、

アフィリエイトサイトや電子書籍の発行に関しては、

妻や家族の名前を借りて行うようにした方が無難です。

 

あなたもうまく副業を成功させて

自由にできる収入を増やしてみてはいかがですか。

 


あわせて読みたい


自由に使えるお金が月20万増!サラリーマン起業おすすめ10選

初心者でもゼロから資産1億円!?大富豪の投資と資産形成術を公開

ビジネスアイデアを出すのは簡単?アイデアを量産する5つの方法とは

収入をアップさせ人生を豊かにする 「通信教育」の5つのタイプとは?

起業1年目から年収1000万円を稼ぐ7つの起業アイデアの見つけ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料プレゼント:「セミリタイヤ」を目指す30日間の基礎講座+4つの特別レポート

実際にセミリタイアを達成している方からの


ノウハウや考え方を教え、


30日間「出来るだけ苦労せず」


セミリタイアする方法をお伝えします。


ここをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*