起業の第一歩

起業して成功した人が必ず読んでいるお勧め本10冊を厳選

YUKA150912596015_TP_V

「企業して成功する人と、失敗する人の違いは何ですか?」

 

こんな質問を成功した起業家の方にすると必ずといっていいほど

返ってくる答えの一つは「たくさん本を読みなさい」です。

 

なぜ、本を読むことが起業して成功するために必要なのか?

 

それは、本を読む人のことを英語で「reader(リーダー)」と書きます。

起業して成功した人は自分の専門、得意な分野を活かして

世の中に良い商品やサービスを提供する「leader(リーダー)」になっています。

 

つまり、これからの世の中で起業をして、リーダー(leader)になり

成功をしていく人は、reader(リーダー、読書家)であることが求められるのです。

 

起業しても、5年以内に倒産する会社が9割くらいある時代です。

そんな時代に、起業をして長期的に収入を稼ぎ「成功者」と呼ばれる人は

実は密かにたくさんの本を読んでいるのです。

 

そこで、今回は起業して成功した人の多くが、必ずといって

いいほど読んでいるであろう本を、10冊ほど厳選しました。

 

まずは、お勧めの本のタイトルを見ていただく前に

「なぜ、本を読まないと成功できないのか?」

 

このあたりを、具体的に解説をさせていただきます。

 

目次

1:なぜ、本を読まないと成功できないのか?
 1−1:起業して成功するために必要なこと? 
 1−2:会社員時代のスキルや経験などは、誰もが簡単に真似できる
 1−3:ライバルは常に目を光らせている!?
 1−4:本を読んでおけば、真似をされても怖くない!?
2:なぜ「マインドセット」を学ぶ必要があるのか?
 2−1:コーヒーを通常の3倍から5倍の価格で売れるか?
 2−2:ライバルを寄せつけないスタバのマインドセットとは?
 2−3:マインドセットを学べる本を読む
3:起業で成功したい人は読んでおきたい10冊の名著
4:まとめ

 

続きを読む

ゼロからコーチ・コンサルタント・士業で起業したい方必見!セミナー集客ブログ5つの新常識

tsuruetoushi11_TP_V

はじめに

これからコーチ・コンサルタント・士業などで起業を考えている方にとって

切っても切り離せないのはセミナーです。

 ゼロから起業する人にとっては、信頼も実績もないところからのスタートです。

 

そのためセミナーで講師として、人前で話をすることによって様々なメリットを享受することができます。

例えば、短期間で「信頼」を手に入れることができるのも一つです。

 

また最初から「先生」の立ち位置でクライアントを獲得できるようになるため、

知識やスキルに見合った高い報酬を手に入れることも十分可能になってきます。

 

しかしながら、セミナーを開催することのメリットがわかっても、現在のあなたにとっての最大の問題は・・・

 

「セミナーを開催したいけど、どうやって集客をしたら良いのですか?」

 

ということが、最大の関門になってくることだと思います。

 

そこで今回は、ゼロからコーチ・コンサルタント・士業で起業したい方のための

セミナー集客ブログ7つの新常識についてお伝えします。

 

目次

1:そもそも、ブログとは何ですか?
 1-1:ブログの歴史
 1-2:具体的なブログの種類
2:セミナー集客ブログ5つの新常識
 2-1:ブログ上ではセミナーを売り込まない
 2-2:専門家は嫌われる
 2-3:動画を積極的に取り入れる
 2-4:単純アクセス数よりもリピート読者数を増やす
 2-5:お客さんが知りたい言葉とパワーのある単語を使う
3:ブログを始める際の最低限のマナー
4:おわりに

  続きを読む

会社を辞めたら確定申告しないと損をする?!おさえるべき6つのポイント

freee151108088447_TP_V

会社を辞めたら生活がガラッと変わって考えなければいけないことが山ほどありますよね。

 

ついつい目の前のことに追われてしまいますが、

確定申告のことをしっかり知っておかなければ、何十万円も損をするかもしれません。

 

偉大なお国と立派な会社がしっかり管理してくれているから大丈夫だと思ったら大間違いです。

 自分の財布の紐はしっかり握っておきましょうね。

 

今回は「そもそも確定申告って何?」というところからスタートして、

知っておかなければ損してしまうポイントを解説します。

 

目次 

1.税のとりたてから身を守る、確定申告とは?
2.国が税金を取るときの6つの真実
3.確定申告って難しそうと思ったら
4.会社を辞めたら翌年には確定申告を
5.会社を辞めた人が確定申告のために用意するものは?
6.まとめ

続きを読む

起業1年目で年商1億円を突破する事業計画書の書き方

a5b797ad042ed5ebb9de959aa771aec8_s

これから起業をして大きく稼ぎたいと考えている方にとって事業計画書は

とても大切なものになってきます。

 

なぜなら、事業計画書がないと銀行や投資家からまとまった事業資金を
調達することができないからです。

 

まとまった事業資金を調達できれば、その分大きなビジネスを始めることも

可能になります。

 

より大きな規模のビジネスを始めたいという方にとって、事業計画書を書く

ことは必須の作業だといっても良いでしょう。

 

また近年では、これから起業する方や新規の事業を始める企業の方むけの

助成金や補助金を受けるチャンスがたくさんあります。

 

 

起業家が活用できる補助金、助成金の参考例

 

  • 経済産業省の補助金

(創業補助金、小規模事業活性化補助金)

  • 厚生労働省の補助金

(トライアル雇用奨励金、キャリアップ助成金)

  • 自治体独自や、その他の補助金

(自治体独自のものや、政府、財団のもの)

 

他にも資金調達の方法として、親戚や友人知人やエンジェル投資家と言われる、
個人投資家やベンチャーキャピタルからの出資を受けるということも可能です。

 

また、創業当初で信用のない起業家でも比較的低いハードルでお金を融資

してくれるのが国民政策金融公庫です。

 

資金調達の方法は、昔に比べてかなり増えてきましたので、これから起業を

考えている方は地元の商工会議所などにある創業相談窓口などを活用して

みると良いかもしれません。

 

このような場所で、公的融資、助成金の申請の手続きや相談に乗ってもらえます。

 

創業窓口相談

 

 

いずれの場合も詳細な事業計画がなければ、お金を借りることは難しいと思います。

内容のわからないビジネスに簡単にお金を貸すリスクを負いたくはないのは、どこも同じです。

 

そのため事業計画書自体は、明確でわかりやすくかつ、彼らの興味や関心を

惹くものにする必要もあります。

 

一言で、投資に対するリターンが大きく、マイナスが少ないと思ってもらえるような
ビジネスであると思ってもらわなければなりません。

 

そこで、今回は「どうやったら資金調達のしやすい事業計画書を作ることができるのか?」
ということを念頭におきながら。

 

最終的に、起業初年度から年商1億円を目指す大きなビジネスで

起業したい方のための事業計画書を書く手順について詳しく解説して

いきたいと思います。

 

特に、ここでお話しをする「ある3つの要素」を入れることで、
起業1年目から年商1億円という大きな目標を達成することも十分可能になってきます。

 

 

目次

1.はじめに:準備編

2.「3つのなぜ?」に答える

3.信頼・証拠・ベネフィットを常に意識する

4.最後に

続きを読む

スムーズな事業承継で、いざという時に慌てない!”4つのポイント”

7970033ea775f539b2e470af8646111c_s

中小企業における事業承継の重要性を知りながらも、なかなか手をつけられていない

経営者の方も多いのではないでしょうか?

 

2015年度の全国社長の平均年齢が60.8歳と高齢化が更に進んだことでも

事業承継がスムーズに行われていない状況を伺い知ることができます。

 

2015年度の倒産件数が8408件、7年連続の前年比減少

 

というニュースとはウラハラに「隠れ倒産」と言われる統計上には現れない倒産が急増している

ことはご存知でしょうか?

 

統計上の倒産件数は確かに減ってはいるのですが。。。

 

 

「隠れ倒産?ってなに?」

 

 

たとえば

「子供や親族が後を継ぐ意思がなく、これ以上商売を続けることは困難だ」と言って会社の活動をやめてしまう場合が隠れ倒産にあたります。

 

このような事業不振や後継者が見つからないなどの理由で事業をやめてしまう「隠れ倒産」は

「休廃業・解散」にあたり倒産には集計されません。

 

2013年の「休廃業・解散」企業は2万8,943件(前年比4.0%増)にのぼり

2013年の年間倒産件数(1万855件)に対してなんと2.6倍に急増しているのです。

 

 

 

「休廃業・解散」企業の中には資産が負債を
上回る資産超過(黒字経営)状態の企業も多く存在しています。

 

倒産件数が減少している一方で多くの黒字経営企業がなくなっているのです!

 

中小企業庁でも事業承継の重要性の中で

経営者の高齢化と後継者の育成についてこのようにのべています。

 

目次
1.事業承継の重要性
2.事業承継おさえておきたい4つのポイント
 2-1.企業の強みを知る 
 2-2.ヒトに相談する
 2-3.自社の会社の価値を知る
 2-4.目には見えにくい知的財産を知る
3.まとめ

 

続きを読む

今、大注目! 起業前に知っておきたい3つのポイント「合同会社」とは?

6a868cf5dc21f38f348f322a96ba0a0d_m

 

今、「合同会社」が注目されています。

合同会社は平成18年に会社法が変わった際に新しく設けられた

会社の形態です。

 

それまでは、株式会社、合名会社、合資会社、有限会社という

会社形態だったのが、有限会社が新規で設立できなくなり

代わりに「合同会社」という新しい会社形態が設けられました。

 

法務省の統計調査によると平成18年に設立された合同会社の数は

3,392社だったのが、平成26年には19,808社と6倍近く伸びています。

 

なんと、あのAppleや、西友、ユニバーサルミュージック、P&G

フジテレビラボ、オグリヴィ・アンド・メイザー・ジャパンなどの

有名企業も合同会社を選択するなど今、非常に注目されている会社形態です。

 

どんな特徴や、メリット、デメリットがあるかというと…

 

 

目次
1.合同会社の特徴
2.合同会社のメリット、デメリット
3.合同会社はどんな人に向いている?向いてない?
4.まとめ

 

続きを読む

費用を抑えて起業できる「創業補助金」とは? 知っておきたい5つのポイント

0561538baf126b1b9c376c72e2c4e692_m

今、起業がブームです。

ネット環境とアイデアがあれば比較的起業しやすい

環境が整ってきており、起業自体は案外簡単にできるようになってきました。

 

しかし、

 

起業そのものはできても、頭を痛めることのひとつが資金繰りではないでしょうか。

 

会社の登記費用や、印鑑など事務用品や備品などの費用。

事務所や店舗を借りるなら、その賃貸費用や、

場合によっては人件費なども必要です。

 

また、物販なら仕入れ代金や、売り上げが入金されるまでの

運転資金も必要です。

 

創業時に潤沢に資金があればスタートダッシュを切ることができますが

そういう人は稀でしょう。

 

大多数は自己資金や銀行からの借り入れなどが一般的だと思いますが、

今、注目されているのが、国が創業する際に支援してくれる

「創業補助金」です。

 

なにしろ補助金ですから、返還する必要がありません。

 

しかし、それゆえ交付されるまでのハードルは高いですが、

チャレンジしてみる価値は十分にあります。

 

目次

1.創業補助金とは
2.「創業補助金」の申請で注意すること
3.「創業補助金」は時間を短縮する為に使う
4.何のための創業補助金?

続きを読む

起業1年目から年収1000万円を稼ぐ7つの起業アイデアの見つけ方

54831843802a2000354641480097c49f_m

「起業1年目から年収1000万円を稼ぎたい人へ」

 

起業の良いところは収入を自分で決められることです。

 

頑張り次第で、年収はいくらでも稼ぐことができます。

 

会社員という安定した収入を捨て起業をするわけです。

 

どうせなら会社員時代には稼ぐことができなかった年収を稼いで

みたいと思いますよね?

 

でも、「どんなビジネスで起業をしたら良いのか?」

 

「どんな方法で稼げるのか?」

「経験もなければ、ビジネスについての知識も

ない中で、どんなことをやったら収入を増やすことができるのか?」

 

見当もつかない方もいらっしゃることでしょう。

 

起業して会社を経営するということは、よく航海に例えられます。

 

壮大な海を超えて、はるか遠くの目的地に辿り着くためには

航海に必要な知識やスキルが備わっていなければいけません。

 

船の動かし方だけでなく、気象の知識や緊急時の対応など。

 

あなたは、目印も何もない大海原を目的地に向けて危険を回避

しながら航海する船長になるために多くの知識やスキルを学ぶ

必要があります。

 

そこで今回は、その知識やスキルの中でも最も重要と呼ばれる起業アイデア

の見つけ方についてお伝えしていきます。

 

ビジネスは一つのアイデアで勝負が決まります。

 

儲かる商売ができるかは、アイデアにかかっているといっても過言では

ありません。

 

そこでここでは大きく、次の7つの考え方を組み合わせて起業のアイデア

についてお伝えしていきます。

 

これ元に独自のアイデアで起業した人と、闇雲に会社を作り、お店や看板を

掲げて起業した人とでは3年後、5年後、10年後に大きく差がでてきます。

 

逆にこのアイデアを元に、作戦やプランを考え起業をした人は、最短

1年以内で年収1000万円を稼ぐことも可能になってきます。

 

なので、ぜひこれから起業を考えている人は、この7つの考え方を元に

あなたなりの起業アイデアを考えてみてはいかがでしょうか?

 

目次

1.なぜ、起業アイデアが重要なのか?
2.起業1年目から年収1000万円を稼ぐ7つの起業アイデアの見つけ方
  2-1.人がやりたがらないことをやってあげる
  2-2.誰かの問題はあなたのキャッシュになる
  2-3.インターネットを活用する
  2-4.物も情報も売る
  2-5.
リスクはあなたが背負う
  2-6.
BOPとTOPを意識する
  2-7.ポケットで考える
3.まとめ

 

続きを読む

起業して成功したい人のための会社設立3つの新常識

b5c6843e6b0bdf3f75c8621940e1fee2_m

起業するなら、個人事業主か?それとも会社を設立するべきか?

 

今は様々な選択肢をすることができる時代になりました。

 

会社設立と個人事業主の大きな違いの一つは「節税」の手段の多さです。

 

個人事業主では経費にできない費用も、法人つまり会社では経費に

することもできたりします。

 

しかしながら、税制面で有利とはいえ、株式会社を設立するとなると

それなりの費用と手間もかかります。

 

また、個人事業主は簡単な確定申告で終わることができますが。

 

法人の場合は会計の書類を作成や複雑な経理処理をするために

税理士や会計士を雇ったりしなければいけません。

 

そのため、一定の売り上げが見込める場合でないと株式会社を

設立する理由がありませんでした。

 

ところが、今は個人事業主の手軽さと、会社設立のメリットの

「いいとこ取り」で起業をすることができるようになりました。

 

そこで今回は、起業して成功したい方のための会社設立

3つの新常識について、詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

 

目次

1.個人事業でも、株式会社でもない「会社設立」とは?
2.難しい会計や経理はどうしたら良いのか? 
3.副業の会社員なら奥さんを社長に合同会社を設立
4.まとめ

 

続きを読む

「株式会社」を設立する前に知っておきたい 3つのポイントとは?

d2d64d9612302325f5817d19dac3ed43_m

毎日、満員電車に揺られて通勤したり、上司や取引先の顔色を

伺いながら仕事をするのは、もううんざりだ!

 

もっと自分らしく仕事をしたい。もっと仕事そのものに集中したい!

会社や組織で仕事をされているなら方なら誰でも一度や二度は

そんな気持ちになったことがあるでしょう。

 

仕事そのものより、内部の人間関係で疲れてしまう、

自分のやりたい仕事は他にあるし、もっとやれる自信もある。

 

そうだ、思い切って会社を設立しよう!

 

 

多くの方にとって自分の会社を設立することは夢だと思います。

 

今回は、株式会社を設立する前に知っておきたいポイントについて

考えてみました。

 

目次

1.そもそも株式会社ってなに?
2.株式会社における役割分担
3.株式会社の作り方
4.株式会社を設立する際に注意すること
5.まとめ

 

続きを読む